防水工事

防水工事

防水工事の種類

ウレタン防水

 

液状のウレタン樹脂を塗布して防水します。塗布した材料が固まることで、ゴム状の防水膜ができあがります。塗布するタイプなので、複雑な形状の箇所に継ぎ目のない防水加工が可能です。

塩ビシート防水

 

防水性のある塩化ビニール製のシートを、接着剤などで下地に貼りつけていく防水工法です。施工しやすく、複雑な形状や狭い場所にも施工可能です。下地調整がほとんど必要ないので、工期は短く低コストで施工できます。耐久性や耐候性にもすぐれています。

ゴムシート防水

 

防水性のある合成ゴム系のシートを、接着剤などで下地に貼りつけていく防水工法です。伸縮性が高いゴムは、耐候性にすぐれています。コスト面は比較的安価で、一般住宅の陸屋根や屋上に使用されています。

FRP防水

 

FRPはガラス繊維をポリエステル樹脂で強化したプラスチックのことで、強度が高く耐久性にすぐれた素材です。FRPによって防水層を形成するのがFRP防水。軽くて強く、耐水・耐食・耐候性にすぐれています。一般住宅のバルコニーやベランダに適しています。

アスファルト防水

 

アスファルトをコーティングしたり、アスファルトを含ませたシートを重ねたりして防水を行う工法です。大型ビルやマンションの屋上など、広い範囲の防水に適しています。