外壁塗装の注意点と失敗しないための4つのポイント

外壁塗装の注意点と失敗しないための4つのポイント

30坪ほどの家の場合、外壁塗装にかかる費用60~150万円だといわれています。劣化具合や使う塗料によって金額は前後しますが、それでも安い買い物ではありません。しかし、素人では手抜き工事などを見抜くのは難しく、また建物工事の中では外壁塗装の値段は業者ごとでかなりの差があり、金額が不明瞭なためトラブルにみまわれることが多いです。

しかも、手抜き工事の場合、実害が数ヵ月~数年先に現れるのも難しいところです。失敗しないためには、注意点を知ることが大切です。ここでは、外壁塗装を失敗しないためのポイントを紹介します。

 

1.時期を見誤らない

外壁塗装を行う周期10年に1度が目安です。外壁は常に雨風にさらされているため、10年程たつと塗装の表面が少しずつ剥がれてきます。変色や汚れが目立ってくると黄色信号です。まだ緊急性はありませんが、そろそろ外壁塗装を考えたほうが良い時期に差し掛かっています。

さらに劣化が進み、カビや苔が繁殖したり、ひび割れや塗料の剥離があったりする場合は、塗装の時期です。もし、そのまま放っておくと雨水などが内部に侵入し、木を腐らせたりシロアリが繁殖したりするなど、リフォーム代がかなり高くなります。

使っている塗料や環境により、10年以上たっても見た目がきれいで雨漏りなどの実害もない場合もよくあります。しかし、素人目には問題ないように見えても実は劣化が進んでいて外壁塗装が必要なこともあります。塗装会社は、現地調査と見積もりを無料でしてくれるところがほとんどなので、定期的にプロの目で調査をしてもらい、忘れないようにしましょう。

 

2.相場を知る

外壁塗装には、明確な相場がありません。それは、塗装会社によって重ねて塗る回数に違いが出ることや、使う塗料が違うからです。しかし、目安として一般的な2階建ての住宅の場合60万以上、150万円以内ということを覚えておきましょう。

これより大幅に安い場合は、耐用年数の短い安価な塗料を使っていたり、雑な工事で工期を短くしたりしている可能性が高いです。塗装前の清掃や塗料の乾燥時間は、塗装の持ちや見た目をよくするために重要な作業ですが、省いても施工主には気づかれにくいので、悪徳業者の場合、この手順を雑に行うことも多いのです。

逆に150万円より高い場合は、グレードの高い塗料を多く使っていたり、劣化が激しいために補修工事に費用が掛かってしまったりしているかもしれません。塗料は耐用年数が長いほど値段が上がりますが、それは自分の家にあっているのか、補修工事は本当に必要なのかは疑問が残ります。

一般的な相場にかなり差が出ますので「自分の家の外壁塗装の相場」を知る必要があります。そのためには、3~4社ほどで診断と見積もりを出してもらうことで解決できます。その際は見積書の詳細部分をしっかりと確認し、どんな塗料を使っているのか、何度塗料を重ねるのかなども見比べましょう。その中であまりにも安いところは要注意ですし、逆に高いところは、何が値段を上げているかを確認し必要性を吟味しましょう。

 

3.塗料の色選びは慎重に

塗料の色選びはプロでも難しいです。見本で見た時はいいと思っても実際に塗り終わってみるとイメージと違うという失敗談がよくあります。外壁の色を決めるときは、屋根や窓枠の色とも調和を持たせるようにしましょう。また色の見本はなるべく大きいものを用意してもらうとよいでしょう。

特徴のある色、例えば水色を選んだとします。小さい見本で見た時は薄い色だから馴染むだろうと思っても広い面積に塗ると奇抜に感じることもあるのです。外壁の色には流行りがあるため、最近はスタンダードな色味にする人が多いです。もちろん、個性的な色がだめだというわけではありませんが、近隣との調和を考え奇抜過ぎない色をチョイスしたほうが、失敗が少ないです。

 

4.優良な塗装会社を見極める

劣化具合や使う塗料など、専門的な知識がないと塗装業者に任せきりになる人が多いです。しかしそれでは、粗悪な工事をされたり、相場以上の金額を請求されたりしても気づくことができません。そういう工事をされないためには、信頼できる業者選びをすることが重要です。

良い塗装会社を見極めるポイントは、現地調査をしっかりとしその報告を細かくしてくれるかどうかということです。施工主のことを考えてくれる会社は、現地調査の際にカメラやビデオカメラで劣化具合を撮影することで、知識がない人でも分かりやすく説明してくれます。

外壁は外からでも簡単に見ることができるため、営業マンが突然訪ねてきて「急いで塗装をしたほうがいいですよ」と契約を迫られることがあります。飛び込みの営業に力を入れている会社もあり、「足場が今なら無料」などのうたい文句で契約を急かす場合があります。しかし、建築関係の資格をもったプロでも外から外壁を見ただけでその劣化具合は分かりませんので、現地調査をしないまま契約をさせる業者は信頼できません。必要以上に不安をあおるような言い方をしたり、相場より大幅に値下げをしたりしている業者は特に要注意です。

 

5.まとめ

外壁塗装は、納得のいく仕上がりにならなかった、数年後に粗悪な工事をされたことに気付いたという失敗が多いリフォームです。つまり、「プロに任せれば安心!」というスタンスではだめだということです。外壁塗装についての知識を少しでも増やすことが失敗しないための一番の対策方法です。

株式会社ワタナベは、練馬で50年以上外壁塗装や防水工事を行っている会社です。経験豊富な職人が高い技術力をもってさまざまなニーズにお応えしています。お客様を第一に考えていますので、施工前にしっかりと診断をし、必要な作業のみを行うことで納得の低価格を実現しています。

また、3~10年の品質保証が付くものがほとんどで、アフターサービスも充実していますので安心してご利用いただけます。家のことで相談や心配があるかたは是非株式会社ワタナベをご利用ください。