塗装に最適な時期は?

  • 外壁塗装に適した時期

外壁塗装に最適な時期って?

と、よく尋ねられます。

答えは、春か秋という事になりますが実際は季節より温度と湿度が重要になってきます。

外壁塗装に限らず塗装は気温5度以下湿度85%以上では施工をする事が好ましくありません。

なぜでしょうか?

気温5度以下では

気温5度以下の状況では塗装した塗料の乾燥が著しく悪くなってしまいます。

また、気温が低いと塗料が固くなってしまうため希釈が多くなりがちになります。

希釈が多いという事は、塗膜が薄くなってしまい塗料本来の性能を発揮できず、当然品質低下という事になってしまいます。

錆止めの場合においては防錆効果が低下してしまいます。

要するに

気温5度以下では塗料の規定の塗布量が守れなくなるため品質の低下の原因となります。

湿度85%以下では

湿度85%以下の状態での外壁塗装、鉄部塗装では、塗装をする表面に水の付着があります。

なぜこれが悪いかというと、通常時より塗料の密着性が大きく低下します。

密着が悪いという事は剥がれやすいという事になります。

また水分の影響で艶が引けてしまう事があります。ニスなど透明な塗料を高湿度の中で塗装すると

ブラッシング効果(白化)といって塗膜に霧がかかったように塗装面が白くなってしまいます。

よって

外壁塗装に適した季節、1年通して適しているといっても間違いではありません。

季節というより、湿度85%以上 気温5度以下の環境では外壁塗装、鉄部塗装など塗装は避けてください!

特に屋根塗装では

朝は夜露が乾いてから、夕方は夜露の降りる数時間前 9:30~14:00 位の作業が理想です。

外壁塗装を行う際は

  1. 湿度85%以上 気温5度以下の日は作業を行わない(養生、清掃はOK)
  2. 屋根塗装では朝早くと夕方14:00過ぎは塗装をしない。

 

この二点を守れば一年通してどの季節を選んでも問題はありません。

一般的に春と秋が良いと言われるのは、比較的空気も乾燥し、雨も少ないことからなのです。

いずれにしろ外壁塗装をする際は業者と十分な打ち合わせが必要です。

少しでも心配な事、疑問に思うことがあれば、業者に遠慮なく話すことが失敗を防ぐ方法です。

その他の塗装に不向きな状況

  1. 強風の為粉塵が舞い上がっているような場合
  2. 高温の為、鉄板が60度以上になった時の鋼板の塗装
  3. 急な天気の変化(ゲリラ豪雨など)が予想される場合

 

強風の時などは近隣への塗料の飛散などの心配もあります。

気象状況、現地での状況などあくじょうけんがある場合の塗装は何らかの対策をとることも必要になります。

練馬区を中心に都内近郊で外壁塗装を行うならワタナベ迄ご連絡ください。